加齢と共に発生する尿失禁の悩みを解決|泌尿器科で解決できる症状

医者

泌尿器の問題を解決

笑顔の老人

新宿にお住まいの方の中で、排尿障害や尿失禁等の症状で悩んでいる人が少なからずいるでしょう。そういった症状は、泌尿器科を受診することで専門医に治療してもらうことが可能です。

詳細

泌尿器科で受けられる治療

女性

埼玉県の泌尿器科では、泌尿器に関わる様々な疾患の治療を受けることが可能です。その疾患の中には早期発見が重要になるものもあるため、自身の体に異常を感じた際にはすぐに泌尿器科を受診し検査を受けましょう。

詳細

2種類の検査法

看護師

梅毒には、「STS法」と「TP法」の2つの検査法があります。それぞれに特徴があるので、検査を受ける際は双方の特徴を理解しておきましょう。梅毒の検査を受ける際は、一緒にHIVの検査を受けておくことをオススメします。

詳細

多くの女性の悩み

女医

女性の抱える悩みというには様々なものがあり、その一つとして尿失禁と呼ばれるものが挙げられます。尿失禁というのは、不意なタイミングで尿が漏れてしまう症状のことを指します。そういった経験をしたことがある、という女性は数多くいるはずです。尿失禁は加齢と共に発生し易くなる症状のため、40代以上の女性であれば3人に1人がその経験をしていると言われています。また、加齢以外にも尿失禁の原因となるものがあります。その原因というのは、出産や肥満、筋肉量の低下、ホルモンバランスの乱れ等も尿失禁が起こる原因とされているのです。尿失禁を予防する際には、自身で行う対策法とクリニックで行う治療法が存在します。軽度の症状であれば、自身で行う対策法で十分予防することができるでしょう。
自身で行う尿漏れ対策というのはサプリメントやセルフトレーニング、日常生活の習慣改善などが挙げられます。日常生活の習慣改善については、注意する点があります。多くの人は、尿失禁を発生させないためには摂取する水分量を減らせば良い、と安易に考えるものでしょう。しかし、摂取する水分量を減らしてしまうのは対策法として逆効果なので、避ける必要があります。中度から重度の症状の場合、クリニックで治療を受ける必要があるでしょう。クリニックでは骨盤底再建術や膣形成術、高周波治療、レーザー治療、投薬治療など様々な治療を受けることが可能です。それらの治療の内、自身の症状に合ったものを受けることで尿失禁の悩みを解消することができるでしょう。